埼玉県朝霞市の「専門」の鍼灸院 國定鍼灸院
國定鍼灸院

しびれ

しびれの症例
症例3 後頭部の痛みと「ぐるっと回る」感じのめまい 左腕のしびれ

患者

男性 30代

来院

2017年 8月

症状と来院理由

もともと後頭部の頭痛はあった。1ヶ月ほど前からひどくなり、一週間に7回は痛みがでる。特に夕方〜夜にかけてがひどい。またじっとしているとひどくなるので寝るときが特に辛い。酷くなるたびにマッサージに通っていたが中々よくならない。

 

最近では仕事が忙し過ぎて「ぐるっと回る」感じのめまいと、左腕にしびれも感じる。

背中と腰のはり感も辛い。

 

これはマッサージではダメだと思い以前来たことのある当院に再来院。

治療と経過

痛みの出る場所を確認すると、後頭骨下部に強い痛みがある事が確認できた。触診すると圧痛と違和感を感じる。

 

これは腰部に問題があると考え腰部を触診すると強いコリが見られた。このコリが原因と考え腰部とふくらはぎに鍼をすると、後頭骨下部の痛みは消失した。

 

次に腕のしびれやめまいは頚椎に問題があると考え触診すると強い圧痛とコリを確認できた。関連する手と踵のツボに鍼をすると、圧痛は消失しコリは大幅に緩和された。

 

「頭がスッキリした」と症状の消失を確認できた為治療を終了した。

 

1ヶ月後頭痛は少し出るがめまいやしびれは全く出ていないし、調子が良いと報告を受けた。

主に使用したツボ

承山L 空廖L 六谷L 足太陽L

考察

仕事で車の運転が多く腰の負担とストレスから腰〜背中の鍼が強くなり頭痛を誘発していた。また頸の筋肉の緊張も同時に強くなり頚椎に歪みが生じ頭痛やしびれを起こしていたものと考えられる。今回のように複数の症状が一度に出た場合順序立てて考えると上手く行く事が多い。また今回は患者様の都合がつかず、続けての治療は難しかったのだが一度の治療で1ヶ月以上頭痛が酷くなっていないのは良い結果と言える。

 

 症例2 18年前からあるしびれと歩くのが困難なほどのお尻の痛み

 

患者

男性 50代

来院

2017 9月

症状と来院理由

18年前に椎間板(ヘルニアの診断を受けた)を痛めてから現在まで左足外側にしびれがある。3、4年前に会社の車庫で冷たい所に長時間座っていて腰を痛めた事がある。

 

8月31日の朝起きた時に「何かおかしい感じ」がした。何度も腰からお尻にかけての痛みは経験しているが今回は「かなりおかしい感じ」がした。

 

その日から日に日にお尻の痛みとしびれが強くなり9月3日には歩くのも困難になる。

 

100m歩くにも8回ほど休まなければならない。日課の犬の散歩も行けない。トイレに行くのも困難なほど痛みが強く出る。寝るのも左を下にして寝ると我慢が出来ないので右を下にして寝ている。

 

特に痛めた日の前後に変わった事をした記憶はなくいつも通りの生活を送っていた。

 

以前から通っていた整骨院が移転してしまったのでどこか近くで良いところがないかとネットで検索し当院に来院

治療と経過

<一診目>

動きの確認を行うと左片足立ちで立つ動きと座って左に体重を乗せる動きの時に特に痛みが強くなる。触診をしてみると左の臀部に特有の圧痛と筋肉の緊張が確認できた。また左の腰部から背部にかけても強い筋肉の緊張を確認できた。

 

【活法整体】で腰部から臀部にかけてを全体的に緩めると歩くときの痛みは大幅に軽減した。臀部の圧痛部分は座って体重を乗せるとまだ痛みがかなり強く残っていた。この痛みの部位に関係ある腰にあるツボを押しながら同じ動作を行なってもらうと、「あれ?痛くない」と痛みが消失した。

 

検査結果から腰部のツボに鍼をすると座った時、立っている時の痛みが10→3ほどになり変化を確認する事ができたのでこの日は治療を終了した。

 

<二診目>(2日後)

やってもらった日は凄く調子が良かったが朝起きると痛みがでた、特に歩くときの痛みが辛い、今日も院に来るまで5回ほど休みながらきた。

 

痛みの強さは10→8、9ほどの変化。

 

座って体重を乗せる動きでは痛みはほとんど痛くない。これは変だなと思い、臀部を詳しく触診すると前回の痛かった位置よりも内側に痛みと筋肉の緊張が移動していた。これは腰椎と肩甲骨に問題があると考え触診したところ特有のコリを見つけた。このコリを緩めるために背中と足に鍼をした。

 

コリが大幅に緩んだのを確認した後歩いてもらうと

「先生、痛くないよ!ほら!全然痛くない」と何事もなかったかのように歩けた。

 

まだしびれと歩き方にぎこちなさは残るがこれ以上刺激を与えると効果が薄れる為、この日の治療は終了した。

 

<三診目>(二日後)

二日後には「かなり調子が良い、ここ二日一回も歩いていて休まなかった」と報告を受けた。痛みがなくなるとしびれが気になり始めた。

 

触診すると筋肉の緊張はかなり緩んでおり圧痛もほとんど減っていた。

しびれに関係している腰椎の部分には強い筋肉の緊張を確認できた。

 

前回と同様の治療に加えてしびれに対する治療を行い終了した。

 

<四診目>(七日後)

痛みに波はあるが歩けなくなる事はなくなったし、左を下にして寝ることもできる。

 

痛み  10→2 

しびれ 10→4

 

まで減弱していた。

 

歩き方に問題があると考え詳しくお話を伺うと右足首に骨折の既往があった。痛みが再発しないために今度は右足首、股関節を調節する為、足と腰に鍼をした。またしびれの治療も継続して行なった。

 

直後に歩いてもらうと真っ直ぐに歩けていたので治療を終了した。

 

<五診目>(3日後)

前回から痛みもほとんどなく、しびれも足の指先と足首に少しだけとなり本人も「走れるよ!」と笑顔でお話してくれた。

 

足首が動くようになったので右足のスネに痛みが少し出た。

【活法整体】でスネの痛みをとり、少し残っている臀部の痛みとしびれに対して鍼治療をして終了した。

 

現在もメンテナンスのため通院を継続中

使用した主な活法

 腰痛三手 中臀筋の導引 骨曲げ 高低差 骨盤回し

使用した主なツボ

 志室 腰海 委中 T4(5)肩陵 L4(1) 

考察

もともと色んな古傷を抱えていた事により歩き方に独特のクセが生まれ、股関節周りの筋肉に負担が掛かり続けた結果今回のような症状になった。このような症状はすぐに発症するものではなく何年もかけて出て来るものである。患者本人もしびれに関してはヘルニアのせいだと諦めていたが、原因をしっかりと把握し問題のある箇所を治療すればしっかりと結果をだせる良い症例だと言える。

 

 症例1 指の先に何かものが挟まっている、テープを貼っている様な違和感

患者

女性 50代

来院

2017 7月

症状と来院理由

ここ一週間ほど足の指の裏側にものが挟まっている(テープを貼っている)様な違和感が出てきた。

 

この症状のせいで指が動いているのかもわかりづらく、歩いていても痛くはないが気になる。

 

心配になり以前から通っている当院に来院

治療と経過

足の指を動かしてもらうと右足と左足で明らかに曲がる角度が違っていた。患側の右に関してはほとんど曲げることができない。

 

本人に「こちらの指は曲がってませんね」とお話しすると、「え!曲がってないですか??」と返ってきた。本人はしっかりと曲げれている意識がある

 

これは腰椎の動きに問題が出ていると考え、腰部を触診すると硬いコリを見つけた。このコリが原因と考え腰部に鍼をした。10分ほど鍼をした後に再び動かしてもらうと、左右で指の動きがほぼ変わらないくらいになった。

 

本人も「先生、さっきより動いているのがわかります!違和感もありません」と変化を感じてもらえたので治療を終了とした。

 

一週間後にお話を伺えたがそれ以降違和感は出ていないと報告を受けた。

同時に治療した症状

首コリ

使用した主なツボ

L2(1)

考察

もともとお仕事柄しゃがんだり、重たいものを持つ事が多い。また患側に重心を乗せ下を覗きこむ様な動作が多かった事もあり腰椎に負担がかかり出た症状である。腰椎が必要以上に筋肉の緊張により引っ張られる事で今回の様な症状がでる。発症から早い段階で治療を行えたのが良い結果につながった。

  • 048-499-2188
  • アクセスはコチラ
  • お問い合わせフォーム
  • 診療案内
    診療時間 平日 9:00~12:00 14:00~20:00 土曜 9:00~15:00 休診日 日曜・祝日
  • 営業日カレンダー
    « 2018年11月»
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    • 休日
  • アクセス
    埼玉県朝霞市東弁財2-11-2 ファイネスト106
  • ご来院地域
    埼玉県 朝霞市 富士見市 ふじみの市 和光市 志木市 川越市 戸田市 さいたま市 川口市
  • お気に入り