「足底筋膜炎・腰痛・頭痛」専門の鍼灸院 國定鍼灸院
國定鍼灸院

肩の痛み/肩こり/頸肩腕症候群

肩の痛み/肩こり/頸肩腕症候群の症例
症例6 肩の痛み 服を脱ごうとしたとき 棚にものをあげようとしたとき

患者

30代 男性

来院

2017年 12月

症状と来院理由

去年(2016年)の冬ぐらいから背中に張りを感じ始め、痛い時と痛くない時で波があった。

 

ここ1ヶ月ほどずっと痛みがあり段々と痛みが強くなっている。

 

特に服を脱ぐときに肩の痛みが強い。

 

なんとかならないかと思い、友人の紹介で当院に来院。

治療と経過

<一診目>

動作を確認すると左腕を伸ばして回内する動きで痛みが強く出る。背中のツボに鍼をすると動作痛が消失した。

 

服を脱ぐときの動きではまだ痛みが出る。肘と首に問題があると考え、手と肘のツボに鍼をすると痛みが緩和された。

 

他に痛いところがないか聞くと肩の痛みがなくなると、今度は膝が痛いと言われ動きを確認すると左足を踏み込むときに膝全体に痛みが出る。

 

膝に関連する臀部のツボに鍼をすると膝全体の痛みが緩和された。

 

痛みが大幅に改善されたのでこの日は治療を終了した。

<二診目>(2週間後)

棚にあげる時の痛みはなくなったが服を脱ぐ時の痛みはまだ残っている。

 

痛む箇所を確認すると三角筋部分に強い痛みが出る。関連する足と背中、手のツボに鍼をすると痛みが大幅に緩和された。

<三診目>(3週間後)

服を脱ぐ動きではまだ少しだけ痛みが出る。

同様の施術を行ったところ痛みが消失した。

 

どのように動かしても痛みが出ないため治療を終了した。

主に使用したツボ

T5(1)R 六谷L 曲池L 玉陽R T4(1.5)L 威霊L 膝根L

考察

肩を上げる動きには必ず胸椎の問題が関係してくる。またデスクワークなので手先の問題も絡んでくると肘の動き、肩の動きと筋肉の連動が悪くなり症状がこじれてしまう事が多い。今回も1年前からの不調と長い期間に出来上がった症状であったが、的確に治療を行えば治療間隔を開けても調子を落とさずに生活をできる事を証明できた良い症例であった。

 

症例5 腕を後ろに回すと痛む肩の痛み

患者

60代 女性

来院

2017年 11月

症状と来院理由

孫を抱っこした時や、車を運転している時に少し肩の痛みが気になりはじめ、段々と痛くなってきた。特に腕を後ろに回した時に痛みが強く一度気になりだすとずっと痛い感じがする。

 

ひどくならないうちに何とかしたいと思い、知人の紹介で当院に来院。

治療と経過

<一診目>

動作痛を確認すると、肩を進展する動きと結帯動作時に肩の前と横の辺りに痛みがでる。

 

頚椎と胸椎に問題があると考え触診すると強い圧痛を確認できた。

関連する手と背中のツボに鍼をすると痛みが大幅に緩和された。

 

症状が大幅に改善されたのでこの日は治療を終了した。

<二診目>(1ヶ月後)

その後の様子を聞くとたまに痛みが出るが前ほどではない。

動作痛を確認すると結帯動作のみで少し痛みが出る状態。胸椎を触診すると以前あった痛みは消えていた。

 

肩、首、鎖骨周りの緊張が原因と考え触診すると肩と首に強い緊張とコリを確認できた。

関連する臀部、手のツボに鍼をすると肩のコリは大幅に軽減された。

 

次に首と鎖骨周辺の筋肉の緊張を緩める為手と肩に鍼をしたところ、緊張が大幅に緩和した。

動作痛を確認すると痛みが完全に消失したため治療を終了した

主に使用したツボ

六谷R T2(1)R 二ノ臀R 威霊R 合谷R 巨骨R

考察

肩の痛みは手の使い方や日常よく行う動作で胸椎や頚椎とのバランスが崩れ痛みが中々取れなくなる事がある。また強い肩こりが残っていても治りが悪くなる事も多い。再発をしにくくする為にはこの肩こりもしっかりととり除く事が重要である。

症例4 座っているとつらくなる腰と肩の張りと重さ

患者

30代 男性

来院

2017年 11月

症状と来院理由

ここ2、3ヶ月仕事が忙しくデスクワークが多かった。

 

11月の頭くらいから座っていると腰と肩の張りが強くなり気になり始め、ひどい時は気持ち悪くなることもある。最近では座っている時間もあまり長くは座っていられない。

 

仕事に支障がでると困るので、以前通ったことのある当院に再来院。

治療と経過

肩と腰部を触診すると強い筋肉の緊張を確認できた。まずは活法整体で全体の筋肉を緩めると、張り感が半分ほど緩和された。残った「張り感」に対してさらに詳しく触診すると、肩の特定の部分と大腿の裏側、腰部下部に圧痛と強い筋肉の緊張を確認できた。

 

肩は背中と肘に問題があると考え背中と肘のツボに鍼をすると肩の張り感と重さは大幅に軽減された。

 

次に腰部、背中の緊張を取る為に大腿の裏、ふくらはぎのツボに鍼をすると腰部下部の圧痛と腰から背中の張り感が消失した。

 

症状が大幅に緩和されたので治療を終了した。

主に使用したツボ

T5(2.5)LR 曲池R 承山R 殷門L 

考察

長時間デスクワークを行うことで大腿裏に圧迫が継続的にかかって発症した典型的な症例。自然と体も丸まってしまい背中、腰の緊張を強くしてしまう。またパソンコン作業をすることで肘や肩甲骨にも負担がかかり続け、肩の張りにも繋がった。症状がひどくなると「重さ」を感じるようになり、呼吸が浅くなって気持ち悪さが出るようなこともある。症状がひどくなる手前で治療できたことが一回の治療で良い結果に繋がったと言える。

症例3 車の運転姿勢とパソコンのマウスを使う動作で出る肩と背中の痛み

患者

50代 男性

来院

2017年 10月

症状と来院理由

もともと肩や背中、頸に少し痛みがあったのだが、2週間ほど前から急に痛みが強くなった。特に仕事でパソコンのマウス操作と車の運転姿勢をとると痛みが強く出る。それ以外ではそれほど痛みが強く出ることはない。

 

また痛みが強い時は右を下にして寝れない。朝起きた時は必ず痛い。

 

先週痛くて我慢できなくなったので、一度カイロに行ったが痛みはほとんど変わらなかった。

 

鍼が効くと思いネットで検索して当院に来院。

治療と経過

<一診目>

動きの検査をしたところ左に向いた時と上を向いた時に頸、背中の痛みが強くなる。右に向く時は痛みは左ほどないが左より向きにくい。これは胸椎に問題があると考え手のツボに鍼をすると振り向いた時の頸の痛みと可動域が軽減した。

背中の痛みが残っていたので頸のコリに鍼をすると痛みが消失した。

 

頸と背中の痛みが消失したのでこの日は治療を終了した。

<二診目>(3日後)

後ろを振り向くのはなんともなくなったが、肩の奥の方はまだマウス操作と車の運転姿勢で痛い。

 

これは頚椎と肩甲骨に問題があると考え、触診すると強い圧痛が出るコリを見つけた。このコリを緩和する為、手と肩甲骨に鍼をすると痛みが消失した。

 

全ての痛みが消失した為治療を終了した。

主に使用したツボ

後谿R C3(2)R  六谷R 魚際R ふくら3R

考察

頚椎と胸椎の歪みから生じた代表的な症状。毎日のマウス操作と車の運転により指の緊張、肩甲骨周りの緊張などから歪みが生じた。日頃同じ動作を繰り返しているとどうしても一定の負荷が掛かり続け気づかないうちに痛みの元を作っている。痛みが強くなる前に治療を行うことを勧めたい。

症例2 こけた後から痛み出した肩と腰と指の痛み

患者

女性 50代

来院

2017年 6月

症状と来院理由

2日前に買い物の最中にこけて左手と膝をついた。膝の痛みは取れたのだが肩の痛みが取れない。腕を捻ったり、台所で包丁を使う時にものを押さえようとすると痛みが強く出る。

 

またこけた後から普段は感じない腰が張ってる感じがする。指にも違和感を感じる。

 

症状がひどくなると困ると考え、以前通っていた当院に来院。

治療と経過

動作を確認すると腕の内旋外旋の動きで上腕に痛みがでる。また手をついてもらうと肩と指に違和感が出る。

 

これは肩甲骨と胸椎に問題があると考え背中を触診すると硬いコリを見つけた。関連する手と肩甲骨に鍼をするとコリが消失した。もう一度同じ動きをしてもらったが痛みは出なかった。

 

また腰は中腰になると鍼感が強くなる。胸椎に問題があると考え背中を触診するとこちらにもコリを確認できた。関連する足のツボに鍼をするとコリが消失し、中腰での張り感も消失した。

 

症状が全て消失したので治療を終了した。

 

後日治療後痛みが出ていないと報告を受けた。

主に使用したツボ

魚際L ふくら4L ふくら5L 玖路R

考察

手をついた衝撃で肩甲骨、胸椎に歪みが生じた症例。手をついた時は衝撃が背中に抜ける事が多く痛む箇所だけに捉われていると中々早い回復は望めない。背中をしっかりと確認する必要がある。また受傷からすぐに治療ができたのも早い回復に繋がった症例であった。

症例1 重いものを長時間引いた後にでた左肩の痛み 

患者

60代 女性

来院

2017年 6月

症状と来院理由

1週間ほど前にショッピングモールで重たい荷物を持って長時間歩いた後から左の肩が痛くなって来た。そのうちに痛みが治ると思っていたが、昨日お米を持った時に張り感と強い痛みが出た。

 

「左肩が腫れぼったい」感じがして不安になり、以前来た事がある当院に来院。

治療と経過

気になる箇所を詳しく触診すると肩から頸にかけてに強い筋肉の張りを確認できた。

特に頸の張りが強く、肩の動きを阻害しているのはこの頸の張りだと考えた。

活法整体で肩から頸にかけての全体的な筋肉の張りを緩めると、痛みと張り感が大幅に減少した。

 

頸にピンポイントで張り感を強く感じる部分が残ったので、触診すると特有のコリを見つけた。これは胸椎と臀部に原因があると考え、関連する手と臀部のツボに鍼をすると頸の張り感とコリが消失した。

 

他に気になる事はないか確認すると、「痛みはないが腕全体がなんとなく重たい感じがする」と言われ、これは頚椎に問題があると考え触診すると強いコリを確認できた。

関連する手のツボに鍼をするとコリが大幅に緩和され、腕の重たい感じもなくなった。

 

どの様な動きをしても痛みと張り感が消失したため治療を終了した。

主に使用したツボ

胞肓L 後谿L 内谷L

考察

重たいものを長い時間持って歩いていた為、肩甲骨に負荷がかかりそこから体全体のバランスを崩して胸椎と頚椎に問題が生じたと考えられる。「肩が痛い」という言葉に捉われずに全体をしっかりと細かく確認する事で原因に辿りつけると再認識できた症例であった。

  • 048-499-2188
  • アクセスはコチラ
  • お問い合わせフォーム
  • 診療案内
    診療時間 平日 9:00~12:00 14:00~20:00 土曜 9:00~15:00 休診日 日曜・祝日
  • 営業日カレンダー
    « 2018年7月»
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    • 休日
  • アクセス
    埼玉県朝霞市東弁財2-11-2 ファイネスト106
  • ご来院地域
    埼玉県 朝霞市 富士見市 ふじみの市 和光市 志木市 川越市 戸田市 さいたま市 川口市
  • お気に入り