「突発性難聴・足底筋膜炎・腰痛」専門の鍼灸院 國定鍼灸院
國定鍼灸院

足裏の痛み/足底筋膜炎

足裏の痛み/足底筋膜炎の症例
症例6 7ヶ月前からある踵の痛み 朝起きた時の一歩目が痛い

患者

50代 男性

来院

2018年 6月

症状と来院理由

7ヶ月前くらいから突然踵が痛み始めた。

特に朝起きた時の一歩目が痛む。歩き出すとだんだんと平気になるが、ひょんな時に痛む事がある。階段をのぼる時にも痛む事が多い。

またここ2、3ヶ月膝に力が入りにくく感じる。

 

痛みが段々と強くなりどうしたものかと悩んでいる時に、当院のホームページを見て来院。

治療と経過

<1診目>

足裏を触診すると、踵に顕著な圧痛と土踏まずに硬いコリを確認できた。これは仙骨とふくらはぎに問題があると考え、関連するツボに鍼をすると圧痛とコリが大幅に減少した。

また腰に強いコリと筋肉の緊張を確認できたのでこれらを緩める為、手と太もものツボに鍼をするとコリと緊張が消失した。

 

2診目から5診目まで、週1回のペースで同様の治療を行った。

 

 

3診目で全体の痛みが局所になる。4診目で1日に痛む回数が減り、5診目では朝の痛みは消失する。

 

<6診目>

前回から12日開いたが普段の生活では全く痛みがなくなった。特定のスニーカーを履いた時だけ少し痛みがでる。踵周辺に少しだけ圧痛があったので圧痛をとる鍼をして仕上げとした。

 

当初の症状と痛みが完全に消失したので今回で治療を終了した。

主に使用したツボ

上髎L 合陽L 大腰L 築賓R 豊隆L 

考察

発症から7ヶ月と月日が経っていたが痛みのある箇所をピンポイントで捉える事で、少ない回数での改善に繋がった。踵の痛みは仙骨や股関節との関連が深く、踵自体に問題があることは少ない。足底筋膜炎は痛みが長く続いていても諦める必要がない症状であると言える症例となった。

症例5  足底筋膜炎 通勤で立っているのが辛い痛み

患者

40代  男性

来院

2018年  2月

症状と来院理由

去年の12月にダンボールを左足で踏みつけた際、ダンボールの下に硬いものがあり足裏を痛めた。翌年の1月4日にレントゲンを撮るが問題がなく、2月にスポーツ外科で【足底筋膜炎】と診断を受けた。

 

立ちっぱなし、特に通勤中電車で立っているのが辛い、また水泳を定期的にしており平泳ぎで足を蹴る時にも痛む。座っている時には痛みは感じない。

 

ネットで【足底筋膜炎】を調べ専門院である当院に来院。

治療と経過

足裏の踵から土踏まずにかけて圧痛と硬さを確認できた。ふくらはぎと足首に問題があると考え関連するツボに鍼をすると動きが楽になり圧痛が消失した。

 

2診目では一段階痛みが減った感じがする。水泳で平泳ぎの時の痛みはまだ気になるので、股関節と関連するツボを加えた。

 

3診目では痛みはなくなり違和感くらいになった。

 

4診目で痛み無く、違和感もほとんどなく、「通勤途中も気にならなくなった。」との事で治療を終了した。

同時に治療した症状

腰痛

主に使用したツボ

合陽L 承筋L 中腰L 陽関L 玉陽L 地機L

考察

足裏に硬いものを踏んで痛めた事により体の腰部〜股関節〜ふくらはぎとバランスが崩れ余分な力が加わり続けたのが痛みの原因となった。また通勤電車では常に満員の電車に乗ることから、踏ん張る事が多くなり痛みを悪化させたと考えられる。

 

この様に原因をしっかりと把握する事ができれば、難治と考えられる足裏の症状であっても、改善への道筋が見えてくる。

症例4  ブーツを履いた後から出はじめた指の付け根の痛み

患者

50代  女性

来院

2018年  2月

症状と来院理由

普段はスニーカーが多いのだが、寒い日や特定の日に限りブーツを履くことがある。

二週間ほど前にブーツを長時間履いて出かけた事があった。その後から右足の指の付け根に痛みを感じ始めた。特に爪先立ちをした時に痛みが強くなる。

 

二週間立っても痛みが収まらないので、不安になり家族の紹介で当院に来院。

治療と経過

足の裏を触診すると親指の付け根と人差し指の付け根に特有の硬さを確認できた。

これはふくらはぎに問題があると考え、ふくらはぎのツボに鍼をすると、硬さが和らぎ爪先立ちをしても痛みが消失した。

 

症状が消失したため治療を終了した。

後日治療以降痛みが出ていないと報告を受けた。

主に使用したツボ

下承山R  築賓R

考察

普段スニーカなどを履いているとヒールが高い靴を履いた時に今回の様な症状が出ることは少なくない。これはつま先を立てる事によりふくらはぎに強く負担がかかる事で起こる。普段から履いている人でも少しずつ負担は溜まっている。痛みがで初めてもすぐに治療する事で今回の様に一度の治療で痛みが消失することは少なくない。我慢せずに早めの治療をすることをお勧めする。

症例3  足底筋膜炎 半年前から痛み出した足裏の痛み 朝起きて一歩目が痛い

 

患者

40代  男性

来院

2018年 1月

症状と来院理由

半年ほど前から足裏が痛くなり始めた。初めは朝起きて一歩目が痛いだけだったが、現在では常に痛い。1ヶ月ほど前に整形外科を受診して足底筋膜炎と診断された。

 

仕事にも支障が出るのでなんとかしたいと思い、鍼が効くと聞きネットで検索して

「足裏の痛み専門」の当院に来院。

治療と経過

<一診目>

足裏の痛い場所を確認すると足の真ん中より少し下、踵の近く、その少し内側と計三ヶ所に硬さ圧痛を確認できた。

 

圧痛の強い順に対応するふくらはぎと背中、足の甲のツボに鍼をしていったところ、少し違和感が残るが痛みは消失下のでこの日は治療を終了した

 

<二診目>(5日後)

2日ほど調子良かったが少し痛みが出ている。前回と同様の施術を行った。

 

<三診目>(8日後)

ほとんど痛くない。内側の方が少しだけ気になる。

前回と同様の施術に加えふくらはぎの内側のツボにも鍼を行った。

 

どの様な動きをしても痛み、違和感が消失したので治療を終了した。

主に使用したツボ

四枢L 合陽L 中腰R 大腰R 下陰陵泉L

考察

足裏の痛みはピンポイントでの治療が可能である。痛む箇所が数カ所にあったとしても一つ一つ対処していけばしっかりと痛みを取り去ることができる。足底筋膜炎はじわじわと痛む事が多く、多くの人は症状が酷くなってから治療を始める。どんなに強い痛みでも的確に痛みを取る事ができるならば、短い治療期間で完治する良い症例となった。

症例2 足底筋膜炎 つま先立ち、長時間歩くとでる足裏の痛み

患者

30代 男性

来院

2017年 12月

症状と来院理由

フットサルをやっておりキーパーをやっている。キーパーはつま先立ちで構える事が多く昔から右足の足裏は何回も「足底筋膜炎」になった事がある。最近また右足の裏に痛みがで始めた。長時間歩いた後、フットサルの後、寝て起きた一歩めなどで痛みが強く出る。

 

知人から鍼が足底筋膜炎に良く効くと聞き、紹介で来院。

治療と経過

動作痛を確認するとつま先立ちで左右の足裏に突っ張った感じと痛みがでる。触診すると右は足裏の真ん中辺りに二箇所、左は土踏まずの辺りに二箇所押すと強い痛みの出る部分を確認できた。

 

それぞれに関連するふくらはぎと足のツボに鍼をしたところ、全ての箇所の痛みは消失した。つま先立ちをしても痛みや突っ張り感がなくなったので、足裏の治療は終了した。

 

治療終了後、右の足首(内側)の痛みも訴えたので関連する膝のツボに鍼をすると、痛みは大幅に現象した。

 

どの様な動きをしても足裏、足首に痛みがない為治療を終了した。

主に使用したツボ

曲泉R 承筋R 合陽R 地機L 下陰陵泉L

考察

足裏の痛みは下腿の筋肉に以上が生じて起きている事が多い。下腿と足首、足裏との連動の歪みが原因である。足底筋膜炎はスポーツをやっている人に多いが、革靴やヒールで長時間歩いたりすると発症する事も多くある。痛みが酷くなる前に処置できれば再発もしにくく治りも早い。少しでも違和感を感じたら早めに治療をすることをお勧めしたい。

症例1

患者

20代 男性

来院

2016年 7月

症状と来院理由

2ヶ月ほど前に野球の試合でスライディングをした際に右足の脛の辺りを骨折。骨折の治療の為に整形外科と接骨院に通院していた。

 

脛の痛みはほとんどなくなったのだが、1週間ほど前からしゃがんだ時や走った時に右の足首に痛みが出て、思いっきり練習やプレーができない。

 

3日後にトライアウトがあるのでなんとかして欲しいと接骨院のスタッフからの紹介で来院。

治療と経過

<一診目>

足首が痛む動きをしてもらうと深くしゃがんだ時に足首の中央から外側にかけて痛みがでる。腓骨との関係を考え足に鍼をすると外側の痛みが消失。

 

中央の痛みがまだ少し残っていたので炎症が起きていると考え、手のツボに鍼をしたところ痛みが消失した。

 

どの様な動きをしても痛みがないのでこの日は治療を終了した。

<二診目>

2日後の来院時お話を伺うと、練習や走ったりでは足首に痛みは全く出なかった。触診すると少し違和感があったので前回と同様の治療を行ったところ、触診時の違和感は消失した。

 

他に気になるところはないか尋ねると、バッターボックスで構えた時(ピッチャーの方を向いた時)に首が痛いと言われた。

 

首の回旋動作の確認をすると左に回旋した時に右側に痛みがでる。脊柱の動きに関係があると考え対応する手のツボに鍼をした所痛みが少し軽減した。

 

背中と首をより詳しく触診すると頚椎の4番に反応があったので、そこに関連する背中に鍼ををすると痛みが消失した。

 

痛みが全て消失したので治療を終了した。

 

後日、痛みもなくトライアウトを受ける事ができたとの報告を受けた。

主に使用したツボ

足首の調整穴、後谿、六谿、T4(3)

考察

骨折が原因で体を庇って使った事により他の部位に痛みが発生した症例。特に足首は小さな無理が重なって慢性的に炎症があったものであると推測できる。これらの症状に無駄なく対応できたのが早い回復に繋がった。また痛みが発症してから時間があまり過ぎてなかった事も早い回復に繋がった。

  • 048-499-2188
  • アクセスはコチラ
  • お問い合わせフォーム
  • 診療案内
    診療時間 平日 9:00~12:00 14:00~20:00 土曜 9:00~15:00 休診日 日曜・祝日
  • 営業日カレンダー
    « 2018年9月»
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    • 休日
  • アクセス
    埼玉県朝霞市東弁財2-11-2 ファイネスト106
  • ご来院地域
    埼玉県 朝霞市 富士見市 ふじみの市 和光市 志木市 川越市 戸田市 さいたま市 川口市
  • お気に入り