埼玉県朝霞市の「専門」の鍼灸院 國定鍼灸院
國定鍼灸院

腹痛/下痢/便秘

腹痛/便秘/下痢の症例
症例7 夜中に鈍い痛みで目が覚めたお腹の痛み

患者

40代 女性

来院

2018年 4月

症状と来院理由

昨日の夜、夜中にお腹の鈍い痛みで目がさめる。

そのまま放置していたが一日たっても痛みが治らず、お腹が張っている感じも強くなってきた。

不安になり以前別の症状で改善した事がある当院に再来院。

治療と経過

お腹を触診すると強く張っている箇所を数カ所確認できた。また押すと気持ちの悪い箇所もあり一番反応が強い箇所も確認できた。

 

関連する足のツボに鍼をするとお腹の張りと痛みが消失した。

他の箇所も同様に痛みと張りを取り除いた。

 

治療ごお腹の張り感と痛みもなくスッキリした、と感想をいただいたので治療を終了した。

 

1ヶ月後その後痛むことは無いと報告を受けた。

考察

お腹の問題はお腹にはっきりと異常が出る事が多い。お腹の張り感、膨満感、痛みを感じたらすぐに治療を行えば今回の様に1度の治療で済むことも少なく無い。早めの治療をお勧めする。

症例6 月経時痛 強いお腹の痛みと吐き気

患者

10代 女性

来院

2017年 12月

症状と来院理由

月経前にはだるくなり、頭痛が出ることもある。月経時には特にお腹の痛みがひどく、湯たんぽなどを抱えていないと辛い。今回は吐き気もある。

 

年々ひどくなるのでなんとかならないものかとネットで検索して当院に来院

治療と経過

月経初日に来院。

お腹を抱えて前かがみの状態で来院された。最近は毎回同じ様な状態になる。

 

腹部を触診すると硬く張っている所があり、押すと圧痛が強く出るところを数カ所確認できた。

 

圧痛の一番強いところに関連する足のツボに鍼をするとお腹の硬い張りと圧痛が大幅に減少した。残った部分にも同様の施術を行ったところ、お腹の張りと痛みがほぼ消失した。

 

本人から「少し違和感はあるけど痛くない」と言われたので治療を終了した。

 

一週間後、治療後に少しだるさは出たが痛みは出なかったと報告を受けた。

主に使用したツボ

足五里L 陰陵泉LR 三陰交LR 陽陵泉R

考察

月経時の痛みのひどい人はお腹の張りが強く出ている事が多い。鍼治療はこの様な症状を得意としている。特に内臓や女性器に関しての問題は薬などでは解決できなかった問題を解決できることも多くある。長年悩んでいた悩みを解決できるのはまさに鍼治療の醍醐味となった症例であった。

症例5 月経困難症 ひどい便秘

患者

20代 女性

来院

2017年 11月

症状と来院理由

病院で月経困難症と診断を受けている。月経前に頭痛、イライラ、吐き気、だるさ、眠気等がでる。昔から便秘もひどく一週間に1回出るか出ないか、ひどい時は10日ほど出ない時もある。冷えもひどくなんとかしたい。

 

ネットで調べて当院に来院。

治療と経過

<一診目>

詳しくお話を聞くと便秘の症状に問題があると考え腹部を触診。複数箇所に強い張りと圧痛、押した時の気持ち悪さを確認できた。

 

関連する足のツボと手のツボに鍼をし、10分ほど置いておくとお腹の張りが消失し、押した時の痛みや気持ち悪さも消失した。

 

症状が緩和されたのでこの日は治療を終了した。

<二診目>(一週間後)

一診目以降毎日便が出る様になった。他の症状も落ち着いたが冷えと腰が気になる。

詳しく触診したところ腰部下部に硬いコリを確認できた。関連する大腿とふくらはぎのツボに鍼をするとコリが消失した。

 

また腹部にも少し張りがある箇所を確認できたので、関連する足のツボに鍼をしたところ張りが消失した。

 

全ての症状が消失したので治療を終了した。

主に使用したツボ

太衝R 上巨虚R 合谷R 承山LR 殷門LR  L2(0.5)LR 足三里R

考察

月経困難症という言葉に囚われず、一番辛く症状が長い「便秘」に注目できた事が良い結果に繋がった。便秘の症状を改善する事で冷えや腰の痛み、月経に関しての症状を改善できる事も多くある。これからもしっかりと問診で原因を突き止めていきたい。

 

症例4 ひどい便秘によるお腹の強い張りと腰全体の痛み

患者

20代 女性

来院

2017年 9月

症状と来院理由

高校時代と大学でボート部とラケットボールをやっていたが、働き出してから運動をする事がなくなった。

 

ここ1ヶ月ほどひどい便秘になり腰全体になんとなく張った感じと痛みを感じる様になる。最近では電車で座っている時、仕事中に「ピキっ」となり「いたっ!」となる事が多くなってきた。毎日だいたい決まった時間(夕方)に痛くなる事が多い。

 

自分の親が鍼を受けた事があり、親の紹介で「お腹の症状、腰痛」専門の当院に来院。

治療と経過

動作の確認をしてもらうと腰痛に関しては動作痛は出なかった。しかし腰を反らす動きで可動域制限がかなり強く出ていた。

 

これはお腹に原因があると考え腹部を触診したところ、腹部に強い緊張が見られる箇所を確認できた。この緊張を緩める為、足と手のツボに鍼をすると緊張は大幅に軽減され本人も「お腹がスッキリした感じ」と症状の緩和を実感してもらえた。

 

腰を反る動きにまだ制限がかかっていたので、腰に問題があると考え触診すると硬いコリを見つけた。このコリを緩める為、膝裏にツボに鍼をするとコリは消失し、腰を反る動作もスムーズに行えた。

 

気になる症状が全て消失したので治療を終了した。

2ヶ月後、母親から治療の後から痛みが出ていないと報告を受けた。

主に使用したツボ

上巨虚R 合谷L 委中L

考察

動作確認で腰に痛みが出ない場合、内臓の不調から「関連痛」として腰に痛みが出ている事が多い。また腰を反りにくい場合はお腹の張りが原因であることも多い。今回はひどい便秘がきっかけとなった腰の痛みであった。腰のみを見るのではなく、原因をしっかりと特定することにより一回の治療で良い結果に繋がった。

症例3 お腹の不快感と気持ち悪さ(胸ヤケ)

 

患者

40代 男性

来院

2017年 6月

症状と来院理由

前日に飲み会がありいつもより多く飲んだり食べたりした。

 

朝起きると2日酔いと違う感じの気持ち悪さとお腹の違和感を感じた。

市販の薬を飲んでみたがあまり効果がでず、今晩も飲み会があるので今日中になんとかしたい。

 

鍼が良く効くと聞き知人の紹介で当院に来院。

治療と経過

みぞおち部分の膨らみが目視でも左右で大きく違うのが確認できた。触診すると特定の部分を押すと気持ち悪さが強くなった。

 

まずは活法整体で全体の緊張を緩めた後に、関連する足のツボに鍼をして10分ほど置いておくと、腹部の鍼が目視でも小さくなったのが確認できた。触診すると先ほどの様な気持ち悪さは大幅に緩和された。

 

他に気になるところはないか確認するとみぞおちの真ん中あたりに違和感がある。

詳しく触診すると硬い箇所を確認できた。

 

手のツボに鍼をするとみぞおちの硬さが大幅に緩和された。

 

気持ち悪さと不快感が大幅に軽減したので治療を終了した。

主に使用したツボ

曲泉R 合谷R

考察

見た目でわかるほど腹部が張っていた症例。症状の部位が左右ではっきりしていたのと症状発症の理由がはっきりしていた為、即座に結果を出せた症例。薬で効きにくいお腹の症状でも鍼ならばしっかりと効果を出せると証明できた。

症例2 食後に出現する下痢

患者

20代 男性

来院

2017年 9月

症状と来院理由

昔からお腹が弱く、最低でも週に3回、多い時で6回下痢をする。10年ほど前には「胃酸過多」と診断を受けたこともある。

 

便は1日に2回くらい、必ず食後にでる。ガスも出るがそちらはコントロールする事ができる。背中が張っていて、ずっと立っているとだるい感じがある。

 

周期的にお腹の調子が悪くなるが2、3日前から結構激しく下痢をする様になった。

おそらく飲み会でお酒を飲んだのが原因かも。

 

仕事にも支障がで始めたのでなんとかならないかとネットで検索し、当院に来院。

治療と経過

腹部を触診するとお臍を中心に左右別々の箇所計2箇所に腫れぼったい張りを確認できた。

 

この二箇所の張りを抑える為、それぞれに関連する手のツボに鍼をして10分程経つと腹部の張りがほとんどなくなった。

 

お臍周りの張りが取れると、下腹部が気になると言うので下腹部を触診すると、特定の部位に圧痛と気持ち悪さを確認できた。

 

関連する足のツボに鍼をして、こちらも10分程経過した後もう一度触診すると、圧痛も気持ち悪さも消失していた。

 

背中のだるさも取れていたので治療を終了した。

 

後日治療後から下痢も徐々に減っていき、今ではたまにしか出ないと報告を受けた。

主に使用したツボ

R合谷 L四瀆 L陰陵泉 L元瑠

考察

お酒を飲んだり、冷たい飲み物で下痢が促進されるケースは多い。食後に下痢が出るのは胃腸の動きの悪さとお腹にうまく力が入らない問題がある。これらの特徴が腹部にはっきりと現れておりしっかりと判断できたので良い結果に繋がったと言える。

症例1 キリキリと痛いお腹の痛み

患者

30代 女性

来院

2017年 4月

症状と来院理由

一週間程前から夜になるとお腹がキリキリと締め付けられる様な痛みで、夜眠れない日が続いている。日中は平気なのだが夜になると痛みがでる。便秘などの感じもなく、生理の様な痛みでもない。

 

病院に行こうと思ったが「すぐになんとかして欲しい」ということで知人の紹介で当院に来院。

治療と経過

痛む箇所を詳しく教えてもらい触診するとお腹の他の部分とは違う緊張と圧痛がみられた。また腹部の別の箇所にも特有の緊張を確認できた。

 

それぞれの緊張に関連する手のツボに鍼をしたところ、腹部の緊張が柔らぎ、押圧してみたところ痛みが消失した。

 

本人も「あれ?痛くないです!?」と言って変化を感じてもらえたので初診は終了した。

 

その後の経過を本人から直接連絡を頂き、痛みが出ていないと報告を受けた。

同時に治療した症状

頸こり

主に使用したツボ

合谷 手三里 曲池

考察

夜になると出てくる腹痛の場合精神的に疲れたり、体が緊張しすぎている場合に多い。今回の症例も精神的に疲れている時の頸部と腹部の緊張を確認できたのですぐに良い結果を出すことができた。腹部の痛みはストレスで出ることは多いが、他の原因の場合も多々あるのでよく見極める事も大切である症例であった。

  • 048-499-2188
  • アクセスはコチラ
  • お問い合わせフォーム
  • 診療案内
    診療時間 平日 9:00~12:00 14:00~20:00 土曜 9:00~15:00 休診日 日曜・祝日
  • 営業日カレンダー
    « 2018年11月»
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    • 休日
  • アクセス
    埼玉県朝霞市東弁財2-11-2 ファイネスト106
  • ご来院地域
    埼玉県 朝霞市 富士見市 ふじみの市 和光市 志木市 川越市 戸田市 さいたま市 川口市
  • お気に入り