「突発性難聴・足底筋膜炎・腰痛」専門の鍼灸院 國定鍼灸院
國定鍼灸院

首の痛み

首の痛みの症例
症例4 交通事故直後の首の痛みと違和感

患者

女性 50代

来院

2017年 12月

症状と来院理由

当日午前中に車対車の交通事故に会った。大きな怪我はなく整形外科でも骨に異常はないと言われた。午後になって段々と右の首から肩にかけて痛みと違和感が出てきた。振り向く時に特に痛みと違和感が強い。

 

職場の同僚に後遺症が残る可能性があるから早めに治療をした方が良い、と言われその同僚の紹介で当院に来院。

治療と経過

<一診目>

動きを確認すると右に振り向く動作の時に痛みが出る。詳しく触診すると右の肩から首にかけて熱感と強い筋肉の緊張を確認できた。

 

これは胸椎に問題が起きていると考え背中を触診すると強い痛みが出る箇所を確認できた。関係する右手のツボに鍼をすると背中の痛みが緩和し右に振り向きやすくなった。

 

今度は左に振り向く時に痛みが出たので、背中の残った痛みを取るために背中に鍼をすると左右ともに振り向きやすくなり、痛みと違和感も消失した。

 

症状が大幅に改善されたのでこの日は治療を終了した。

<二診目>(三日後)

前回から右は調子が良いが左が少しきになる。また左手の先にじわっとした痺れる様な感じが昨日出た。

 

同じ様に左手のツボに鍼をすると左に向きやすくなった。突っ張り感が残っているので肩のコリを取るために臀部に鍼をすると突っ張り感は消失した。

 

手先のしびれは来院時にはなかったが手をついた事が原因と考え手に鍼をしてこの日は終了した。

<三診目>(一週間後)

あれ以来首、肩に違和感と痛みはない。朝起きた時に少し張った感じがあるだけ。

背中を触診するとまだ少し原因点の痛みが残っていたので左右の手のツボに鍼をし、肩と腰の緊張を緩める目的で肩のツボに鍼をすると首の動きが更にスムーズになった。

 

最後に左右に振り向いてもらったが右の可動域が少し悪かった。手のツボに鍼をすると左右差がなくなったので治療を終了した。

 

交通事故後は油断ができないことを伝え、経過観察も兼ねて通院を継続中。

主に使用したツボ

後谿LR T5(2.5)LR 裏宮LR 巨骨LR 魚際L

考察

交通事故後はアドレナリンが出ており自覚症状は薄く、後からムチウチの症状で苦しむ事が多い。今回の様に事故当日に治療をする事で二週間近く時間が経過しても強い痛みが出ていない。事故当日に治療をする事で後遺症を未然に防げる事を証明できた症例であった。

 

症例3 首に何か乗っている感じ・ソファーで寝ていたら徐々に痛くなってきた首の痛み

患者

女性 50代

来院

2017年 5月

症状と来院理由

今月に入ってから「首に何か乗っかっている感じ」がする。首が動かしづらく突っ張った感じで肩甲骨の辺まで痛い。二日ほど前にソファーでTVをみながら横になっていると徐々に痛くなってきた。一日たっても痛みが引かず、痛みも強くなってきた。

 

このままではと不安になり、鍼が効くと聞き知人の紹介で当院に来院。

治療と経過

動作痛を確認すると左に振り向く動きで痛みが増悪する。これは背中に問題があると考え、背中を触診すると硬いコリと圧痛を確認できた。関連する手のツボに鍼をすると、左に向く動きで痛みが大幅に軽減した。

 

まだ頸が突っ張った感じがあると言われ、頸を触診したところ胸鎖乳突筋に強い緊張を確認できた。関連する手と足のツボに鍼をすると緊張が大幅に軽減した。

 

最後に上を向く動きがやりにくいと言われたので関連する足のツボに鍼をすると動きがスムーズになった。

 

どの様な動きをしても痛み張り感が消失した為治療を終了した。

主に使用したツボ

後谿L 太衝L 合谷L 承山LR

考察

頸への負担が積み重なり、横になりTVをみる動きで発症した症例。日常の「そんなことで?」と思う様な動きで溜まっていた負担が爆発する事は多い。今回の様に発症してから早く治療を開始できたのが良い治療結果につながった。今回の場合ではないが病院などに行き良くならなかった場合は次の選択肢として早めに鍼治療を受ける事をお勧めしたい。

症例2 車の運転姿勢とパソコンのマウスを使う動作で出る肩と背中の痛み

患者

50代 男性

来院

2017年 10月

症状と来院理由

もともと肩や背中、頸に少し痛みがあったのだが、2週間ほど前から急に痛みが強くなった。特に仕事でパソコンのマウス操作と車の運転姿勢をとると痛みが強く出る。それ以外ではそれほど痛みが強く出ることはない。

 

また痛みが強い時は右を下にして寝れない。朝起きた時は必ず痛い。

先週痛くて我慢できなくなったので、一度カイロに行ったが痛みはほとんど変わらなかった。

 

鍼が効くと思いネットで検索して当院に来院。

治療と経過

<一診目>

動きの検査をしたところ左に向いた時と上を向いた時に頸、背中の痛みが強くなる。右に向く時は痛みは左ほどないが左より向きにくい。これは胸椎に問題があると考え手のツボに鍼をすると振り向いた時の頸の痛みと可動域が軽減した。

 

背中の痛みが残っていたので頸のコリに鍼をすると痛みが消失した。

 

頸と背中の痛みが消失したのでこの日は治療を終了した。

<二診目>(3日後)

後ろを振り向くのはなんともなくなったが、肩の奥の方はまだマウス操作と車の運転姿勢で痛い。

 

これは頚椎と肩甲骨に問題があると考え、触診すると強い圧痛が出るコリを見つけた。このコリを緩和する為、手と肩甲骨に鍼をすると痛みが消失した。

 

全ての痛みが消失した為治療を終了した。

主に使用したツボ

後谿R C3(2)R  六谷R 魚際R ふくら3R

考察

頚椎と胸椎の歪みから生じた代表的な症状。毎日のマウス操作と車の運転により指の緊張、肩甲骨周りの緊張などから歪みが生じた。日頃同じ動作を繰り返しているとどうしても一定の負荷が掛かり続け気づかないうちに痛みの元を作っている。痛みが強くなる前に治療を行うことを勧めたい。

症例1 振り向こうとすると強くでる頸の痛み

 

患者

女性 30代

来院

2016年 9月

症状と来院理由

3ヶ月程前に交通事故を起こしムチ打ちの様な状態になり整骨院に通っていた。症状も良くなり落ち着いていた。

 

昨日息子に絵本を読んであげていたのだが、いつもより長い時間下を向き絵本を読んでいた。絵本を読み終わり顔をあげようとした時に頸に強烈な痛みがでた。

 

動かすのも辛く、とにかく右に振り向くことができない。寝るときも痛くて寝づらかった。「子供の運動会が近い為どうにか早く良くしたい」と言われ整骨院スタッフからの紹介で来院。

治療と経過

<一診目>

実際に頸を動かしてもらうと、上下と左を向く動作は痛いながらもある程度行えたが右を向く動作がほとんどできない事がわかった。その際に痛む箇所を確認すると強い筋肉の緊張を確認できた。

 

これは胸椎の動きの悪さが問題と考え、背中を触診してみると特有のこりを確認できた。このコリを緩めるために手のツボに鍼をしたところ、痛みが瞬時に消失した。

 

頸の前の方に違和感があったので、頸の筋緊張を緩める為手のツボに鍼をしたところ、筋緊張が緩和され違和感も消失した。

 

本人にも「え、痛くない!」と変化を感じてもらえたのでこの日は治療を終了した。

 

<二診目>

2日後に来てもらいお話を伺うと「ほとんど痛くないが少し気になる」と言われた。

首と背中を触診すると前回と同じ箇所に少し緊張が見られた。

 

前回と同様の治療を行うと、筋肉の緊張が大きく緩和され、痛みも消失した。

 

<三診目>

3日後に来てもらいお話を伺うと「全く痛くない、こんなに動かせる様になりました」と頸を動かして見せてくれた。念のため前回と同様の治療を行い、治療を終了とした。

主に使用したツボ

後谿、合谷

考察

問診で痛みが出現する動きを確認できたことから、素早く原因を特定できた。この様に原因がはっきりしている場合だと少ない鍼で効果を出す事ができ、また患者さんへの負担も減る事で再発を防ぐ事もできる様になる。

 

  • 048-499-2188
  • アクセスはコチラ
  • お問い合わせフォーム
  • 診療案内
    診療時間 平日 9:00~12:00 14:00~20:00 土曜 9:00~15:00 休診日 日曜・祝日
  • 営業日カレンダー
    « 2018年9月»
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    • 休日
  • アクセス
    埼玉県朝霞市東弁財2-11-2 ファイネスト106
  • ご来院地域
    埼玉県 朝霞市 富士見市 ふじみの市 和光市 志木市 川越市 戸田市 さいたま市 川口市
  • お気に入り