「足底筋膜炎・腰痛・頭痛」専門の鍼灸院 國定鍼灸院
國定鍼灸院

頭痛

頭痛の症状

◆ 片方のこめかみが痛い(両方のこめかみが痛い)

◆ 頭がしめつけられるように痛い

◆ 目の奥が痛くなる、重くなる

◆ 頭が重くなる

◆ ズキンズキンと脈打つように痛い

◆ 頭の中が重苦しい

◆ 後頭部が重い、痛い

◆ 生理の周期に伴って痛くなる

◆ 吐き気や嘔吐を伴う

 

頭痛頭痛を大きく分けると、「一時的に起こる頭痛」「慢性頭痛」「脳の病気に関わる頭痛」があります。
そのうち「慢性頭痛」は、頭痛全体の80%を占めています。

 

中でも「片頭痛」「筋緊張型頭痛」「後頭神経痛」「群発頭痛」が鍼治療に最も適しています。

 

 

頭が痛いと、何をするにも集中できず、手を付けられなくなるほど我慢ができません。症状がひどいと不安にもなります。

 

その場だけ何とか痛みを取り除きたいと、薬に頼って一時的に痛みを和らげてしまいます。

 

そしてまた症状が現れると繰り返してしまう、そんな経験をしてまいせんか?

 

さまざまな要因で引き起こされる頭痛。その改善方法もいろいろあります。

 

  • 頭そのものを冷やしたり安静にしたりを繰り返して、血管を収縮させて痛みを和らげる。
  • マッサージなどで血流を良くする。
  • 投薬による方法。または酸素吸入法。

 

それらの方法を続けてみてもなかなか改善しない方は、原因までにたどり着いてない可能性があります。病院では、辛い部分に対しての検査が主になり、症状を生み出している体の癖を見逃されてしまいます。

 

当院では、全身の中から原因を探し、効果のあるツボを使い問題を解決します。

 

頭痛の原因に欠かせないのは実は肩こりです。

 肩こりの種類によって頭痛の種類も違ってくるので、肩こりの根本解決が頭痛の解決になります。

 

当院では、独自に頭痛の種類を詳細に分類しています。どのタイプかで対処すべき肩こりの位置が特定できるようになっています。

 

また、自覚症状のない肩こりは、ひどい頭痛を引き起こしていることが多いです。

なぜ國定鍼灸整体院は頭痛治療が得意なのか?

 
• 頭痛に対応する手・足・背中のツボを使用する。 
IMG_2886
• 内臓機能(胃腸・子宮など)を調整するツボで対応する。
IMG_2892
• 薬と違って副作用がない。  
 
• 鍼の数が少ない。
 
• 頭に鍼を刺さない。

 

頭痛の根治の近道は、肩こりを軽視できない要因がたくさんありますので、コリに対してしっかりとした見極めが大切になります。

原因となっている肩こりは、筋骨格からの問題が潜んでいます。そこに内臓の調子まで絡んでいるので総合的な視点がなければ、根本的な解決は難しくなります。

 

慢性頭痛の治療には、高い専門知識と技術が必要となります。

 

来院される方の多くは、薬を使用しています。中には、薬剤の使用過多による頭痛「薬物乱用頭痛」の方も少なくありません。

 

・朝、目覚めてから頭痛がする。

・月の半分以上は頭痛がある。

・月に10日以上は薬を服用している。

・薬の効き目が以前より効かなくなった。

・1回の薬の量が増えている。

・痛みの場所や性質がその時によって変わる。

 

上記に当てはまる方は、「薬物乱用頭痛」の可能性があります。

 

薬剤を使い続けたくない方は、頭痛の根本原因を解決してください。

薬も効きにくくなっている悪循環を断ち切り、薬に頼らない生活を取り戻しましょう。

 

筋緊張型頭痛、片頭痛、後頭神経痛、群発頭痛でお困りの方は、お気軽にご相談ください。
 

症例&専門情報の検索

サイト内の関連情報の一覧が出ます

お悩みの病名や症状を入力してください

 
◎当院の鍼治療の実例 ➡ 症例
 
  • 048-499-2188
  • アクセスはコチラ
  • お問い合わせフォーム
  • 診療案内
    診療時間 平日 9:00~12:00 14:00~20:00 土曜 9:00~15:00 休診日 日曜・祝日
  • 営業日カレンダー
    « 2018年5月»
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    • 休日
  • アクセス
    埼玉県朝霞市東弁財2-11-2 ファイネスト106
  • ご来院地域
    埼玉県 朝霞市 富士見市 ふじみの市 和光市 志木市 川越市 戸田市 さいたま市 川口市
  • お気に入り